14229
home,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-14229,bridge-core-2.0.6,ajax_fade,page_not_loaded,, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,qode-title-hidden,qode-theme-ver-19.3,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive,elementor-default,elementor-kit-15324

・通常製法と異なる三槽型電解製法による弱酸性次亜塩素酸水
・有効塩素濃度1000ppm
・三槽電解製法のため錆等の心配なし(食塩を含まないため塩害が生じない)

*1 有効塩素とは、、
殺菌効力のある塩素系成分を有効塩素といい、有効塩素濃度はどの程度殺菌成分を含んでいるかを示す数値になります。
塩分が混ざっている薬剤等では、NaClに結合した大半の塩素系化合物の反応性が失われてしまい、これらは殺菌効力を持たず有効塩素とはいえません。厚労省でも使用基準として有効塩素濃度の確認を推奨しています。

*2 カルボン酸配合による会合剤の効果により、噴霧器やコンプレッサーにより発生する熱に対しても安定しており、室内消毒や噴霧の際に薬液本来の効果を発揮します。

次亜塩素酸水関連研究紹介

 

次亜塩素酸水には新型コロナウイルスへの不活化効果あり。(厚労省発表、独立行政法人製品評価技術基盤機構 消毒手法タスクフォース発表他)
濃度やphに依存し、有機物汚れ等がある環境ではより高い濃度が求められる。(厚生省発表、帯広畜産大学報告)
市販品では十分な不活化効果が認められない(北里研究所報告)

次亜塩素酸水の効果は濃度とphに依存

有効塩素濃度が高く、酸性であることが望ましい

次亜塩素酸水とは

次亜塩素酸水は各分野で安全性が認められる身近な成分です。水道水の消毒としても微量の次亜塩素酸が使われています。私達の体の中でも、好中球が次亜塩素酸を作ることで細菌やウィルスなどを撃退しています。
次亜塩素酸水は反応後、水に戻るため、適切な取り扱いにおいては、安心して使用することができます。

ワンランク上の除菌コーティング「アクティブコート」

運営会社

株式会社LRDは衛生管理知識の観点から環境を良くすることで社会に貢献している会社です。

サービス

高濃度次亜塩素酸水特殊除菌クリーニングサービスを始め、店舗、個人宅の除菌消毒を請け負います。

衛生管理

衛生管理知識、科学知識、医学知識と有識者で構成されたチームが、衛生管理・除菌のお手伝いをします。

お問い合わせ

ウイルス除菌、感染症の除菌、消毒ならどんなことでも即時対応。プランにあったご提案をさせて頂きます。

ビタミンDの摂取はCOVID-19の罹患率を下げることが世界の医学研究各方面により実証されています。

血中ビタミンDレベルが低いと死亡率が急激に増加する。

(参考文献:Prabow Raharusuna et al., Patterns of COVID-19 Mortality and VitaminD:An Indonesian Study,April 26,2020)

ビタミンDが抑制するCOVID-19の罹患率

◆ビタミンDの有効性

ビタミンDの血中濃度が高いと
コロナウィルスが重症化しにくい。平均的な日本人(特に女性)の血中濃度は低い。

*参考文献

「ビタミンDレベルが低いと、COVID-19の罹患率が高くなる」(グラフあり①)
Petre Cristian Ilie et al., Aging Clin Exp Res.2020 Jul; 32(7):1195-1198.

「血中ビタミンDレベルが低いと死亡率が急激に増加する」(グラフあり②)
Prabowo Raharusuna et al., Patterns of COVID-19 Mortality and VitaminD:An Indonesian Study, April 26,2020

「血中のビタミンDレベルが低いグループほど重症者の割合が高く、ビタミンDレベルが高いグループほど軽症が多くなる」
Mark M. Alipio,Vitamin D supplementation could possibly improve clinical outcomes of patients infected with Coronavirus-2019 (COVID2019), April 9, 2020

「 日本人再生産年齢の非妊婦の45.5%(10グループ/22グループ)が血中 25(OH)D 濃度の平均値20 ng/ml 未満,95.5%(21グループ/22グループ)は30 ng/ml 未満であった。一方、妊産褥婦の血中25(OH)D 濃度は、1 グループ以外すべてのグループで血中25(OH)D の平均値が20 ng/ml を下回っていた。」
高岡宣子ほか.,日本人の再生産年齢女性における血中ビタミンD濃度の分布.日本公衆衛生雑誌.2017;64(3):133-142

坂本智史

監修博士/profile
坂本智史 株式会社LRD 代表取締役/歯科医師
アクティブライフ株式会社 社外取締役
歯学博士(東北大)
日本顎関節学会 認定医
日本アンチエイジング歯科学会 認定医
高濃度ビタミンC点滴療法学会 認定医
知事認証JMSA栄養医学指導師
JSDA認定メディカルアロマコーディネーター
JSDA認定ホワイトニングエキスパート
Alain認定水素プレジデント

 

「withコロナ」時代を生き抜くための「知識と知恵」を武器に、ともにコロナ禍を切り抜けましょう。