参考文献
13962
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-13962,bridge-core-2.0.6,ajax_fade,page_not_loaded,, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,qode-theme-ver-19.3,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive,elementor-default
 

参考文献

参考文献

◎噴霧用次亜塩素酸水(通販)

有効次亜塩素酸濃度50ppm
(→「有効濃度」は他商品に表記されている全濃度とは異なります。通常、全濃度より有効濃度はかなり低くなります。)
容量300ml
(遮光スプレータイプ
https://item.rakuten.co.jp/otakaratuuhan/sispz-300ml-100/)

一般価格1000円
施工者特別価格600円

◆空間噴霧用次亜塩素酸水
(文献 総括)
→→
飛沫感染の予防にはマスクやソーシャルディスタンス確保、マイクロ飛沫感染及び空気感染予防には換気が効果的だが、表面に付着するウィルスの対処はできない。
空間噴霧は、空間洗浄ではなく、様々な箇所への付着するウィルスの除去が主な目的となる。

(頻繁に触れる箇所への接触感染予防には、アクティブコート塗布がより効果的)

 

*参考資料
「次亜塩素酸水溶液の効能・空間噴霧の効果と安全性」

https://jia-jp.net/assets/img/press/200610_jia.pdf

◎弊社利用の消毒液

酸性次亜塩素酸水
ph4.0,最大濃度4500ppm
(有効次亜塩素酸濃度1000ppm以上)
*現場の環境を確認後、状況に適した濃度に調節致します。

◆次亜塩素酸水の新型コロナウィルスへの効能について
(最新文献 総括)
次亜塩素酸水の新型コロナウィルスに対する不活化効果は実証されている。効果は濃度やphに依存し、酸性でより濃度が高い方が効果的とされている。また、有機物汚れがある環境では不活化に高い濃度が求められる。
一方、市販の製品については十分な効果が認められなかった。
(弊社取り扱い製品は酸性で濃度は業界最高レベル。どのような環境でも対応可能)

*参考文献
1.
「次亜塩素酸水は新型コロナウイルスに対して短時間(1分)で強力なウイルス不活化活性を示す。ウイルスの不活化は、含まれる遊離塩素濃度に依存する。」

帯広畜産大学,グローバルアグロメディシン研究センター:新型コロナウィルスに対する次亜塩素酸水の不活化効果を証明,2020年5月14日発表(学術雑誌投稿中情報)
https://www.obihiro.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/act.pdf

2.
「次亜塩素酸水の新型コロナウィルスへの不活化活性はphが低い(酸性)ほど効果が高い。しかし、phが4.5-6.0でも、大量の液量を用いれば不活化が可能。」

帯広畜産大学,グローバルアグロメディシン研究センター:新型コロナウィルスに対する次亜塩素酸水の不活化効果を証明,2020年5月21日発表(学術雑誌投稿中情報)
https://www.obihiro.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/act3.pdf

3.
「新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について最終報告
次亜塩素酸水(電解型/非電解型)有効塩素濃度35ppm以上の物は有能」

独立行政法人製品評価技術基盤機構 消毒手法タスクフォース
https://www.nite.go.jp/information/osirase20200626.html

4.
「次亜塩素酸水でのウィルス対策
<有効な「次亜塩素酸水」の範囲と使い方の注意>
→ 流水でかけ流すとき:有効塩素濃度35ppm以上のもの
→ 拭き掃除に使うとき:有効塩素濃度80ppm以上のもの
※元の汚れがひどい場合は200ppm以上が望ましい」

厚労省・経産省・消費者庁
https://www.meti.go.jp/press/2020/06/20200626013/20200626013-4.pdf

5.
「次亜塩素酸水(ph6.5,有効塩素濃度 200ppm)処理30秒後、新型コロナウィルスの99.99%以上の殺ウィルス効果を確認。同時検証によりインフルエンザウィルスにも同様の結果が得られた」

PIA株式会社, KRバイオテック疾病制御研究所:混合式中性次亜塩素酸水溶液を用いた新型コロナウイルスの不活化試験
https://www.jiji.com/sp/article?k=000000011.000059752&g=prt

6.
「次亜塩素酸水の新型コロナウィルスに対する不活化に対する実証試験
新型コロナウィルスに対する協力な不活化効果があることが実証された」

北海道大学
https://akarimirai.com/content/images/press/200602.pdf

7.
「市販次亜塩素酸水製品(濃度250ppm以下)では新型コロナウィルスを完全に消毒することはできない」

戸高玲子,芳賀彗特,澤田成史,片山和彦:新型コロナウイルスに対する消毒薬の効果.感染制御と予防衛生,4巻1号:30-38,2020 Sep 1.

8.
「次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性 に関する資料
次亜塩素酸(HOCl)の殺菌力は次亜塩素酸イオン(OCl-)より約 80 倍高く、次亜塩素酸水は次亜塩素酸ナトリウムよりも高い殺菌活性を示す。しかしながら、濃度が低い場合は有機物が存在すると容易に活性が低下する。」
(厚労省)
https://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/08/dl/s0819-8k.pdf